趣味に生きる大学生の日々の営み。
略して「ひびなみ」。 それなりに毎日更新(したい)。 LOV布教中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出願完了。
出 願 完 了 ! !


やっと出願校決まったよー

結論から言うと、確実な学部に出せたヨ。

でもそれまでに超紆余曲折あったから解説。

最初は親が医療系(医学科じゃないよ)で俺が工学系の学部

で争っていたんですが、ホント微妙なんで工学部受けてぇー

って感じだったんですけど

親がいかに工学部に行くと辛いことになるのか俺に2時間ぐらい

つらつらと語ってきまして、(工学部の人マジでごめんね)

まぁ大部分は

「どうせ貴様が工学部に行ったら女性を避け続けて

 彼女も作らず一人ぼっちの人生を送るんだ!」












・・・・言い返せねぇorz



それだけでもなかったんですが、残念ながら正論攻めで、

俺もそこまで工学系に入れ込んでたわけじゃないんで、

いろいろ落とし所を考えて、


俺:「教員免許狙いで理学部とかどうよ!?」

親:「いいねそれ!人のためにもなるし!」

俺:「えぇ~・・・・・(そこまで喰いつくとは・・・・)」


という会話があって、そっちならイケるか!?

と思いつつ、グダグダと時間は過ぎて、予備校の先生との三者面談。

「決着をつけてやる!俺はお前の言いなりにはならん!」

と超気合を入れて臨んだんですが、現状確認が済んだところで

親父が突然人生についてのイイ話を始めて、

「お前は十分に頑張った。頑張り過ぎだ」

とか

「今までいろいろ言ってきたが、これからは自分の人生を自分で歩け」

とかそんな感じで最終的に、

「好きなところに行け!それを応援してやる!」










・・・・これなんてホームドラマ?


ちなみに予備校の先生空気でした。

これを聞いた友人:「その会話家で出来ね?」


・・・・至極その通りでございます。

まぁ感動のハッピーエンドだったというところでひとつ。


でも結局親の工学部の逆セールスが心に残りまくりで

理学部に出願するというオチ。とりあえず教員免許狙います。

機械いじりとかプログラミングは趣味でやるわ。

多分好きなことが仕事になっても嫌いになったりしそうだしね。

将来の夢は大ヒット参考書書いて印税生活。

そして刀語が爆裂に面白い。1話1時間で月一という斬新さ。

とがめの下はひらひらがついてるブルマみたいなもんですか?

パンチラだー!と思ったらスカートと同じ色だったんですが。

どっちにしても萌えるからいいけど。





・・・ふぅ。なんという自然なアニメへの話題へのスライド。

あれ?気づかれてる?気づかれてますか俺?


誰か受験終わったらLOVⅡしようマジで。連絡待ってるよ。(超私信)

俺今超下調べしてるから!(待

まぁ今週はこんなもんですかね。

来週の更新はきっと私立大の受験レポートですかね。

お楽しみに!  ノシ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://syumibiyori.blog110.fc2.com/tb.php/541-e90ca8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。